Medical Challenger
  1. ホーム
  2. メディカルチャレンジャー
  3. 外務省福利厚生室上席専門官 寺井 和生

カメルーンの首都ヤウンデ(著者撮影・提供)

外務省福利厚生室上席専門官 寺井 和生

アフリカで学ぶリアルな熱帯医学

カメルーン共和国の大西洋岸の小さな村に滞在中の若い男性から、在カメルーン日本国大使館に「40℃の高熱で動けない」と連絡が入りました。当時、私は同大使館に医務官として勤務しており、対応することとなりました。男性は、世界でもこの地域にのみ生息する甲虫を採取する目的にて、単身で当地を訪問し、現地人宅に滞在して2週間ほどたっていました。渡航前には黄熱病以外のワクチン接種はなく、マラリア予防薬の内服もしていませんでした。診察したところ感染症に間違いなく、下痢や呼吸器症状はなく、感染源が明かでない高熱といえば疾患名は限定されます。もちろん、その地域は高度の熱帯熱マラリア浸淫地域です。滞在期間、現地での生活様式などを考慮すると、マラリア、デング熱、チクングニア熱、腸チフス、レプトスピラ症などが考えられ、もちろんウイルス性出血熱の可能性も否定できません。速やかに、同地域におけるウイルス性出血熱の流行情報を検索し、そのような情報はないと知りひと安心したところで、近隣の商業都市にある信頼できる病院を紹介し、可能性のある疾患やその対応について説明をしました。幸いにも海外旅行保険には加入されており、その後の手配は全て保険会社が行い、救急車で悪路の中2時間ほど走ったところにある病院で診察や検査を受けた結果、熱帯熱マラリアではなく、なんらかの細菌感染症で、第三世代セフェムの点滴およびその後の抗菌薬内服にて軽快しました。数日後に会いに行ったときには、快適なホテルに滞在された元気そうな姿を見て安心しました。

アフリカの水を飲んだ者はアフリカのことが気になる!

アフリカに限ったことではないですが、過去に赴任した地域にはかなりの思い入れがあるもので、再訪問する、あるいは再訪問したいと願う方は多いと聞きますが、私もその1人です。アフリカ地域医務官としておよそ6年間勤務し、帰国後2年以上経過した今でも、アフリカを身近に感じ、アフリカ地域の動向、感染症流行状況の他、文化や政治的なことまで、どうしても気になってしまいます。アフリカでは文化、食事、生き物など全てが奇想天外で、アジアに対する親近感のようなものとは異なった感情、高揚感を感じる地域であり、一度はそこで生活することをお勧めします。

一方で、海外で勤務していると、外国人から日本のことについて尋ねられ、言葉の問題というより乏しい知識のため、うまく答えることができない自分に歯がゆい思いをしたことが数多くありました。在外に勤務したことが、日本の医療事情や文化などをあらためて見つめ直すきっかけにもなったようです。現在、縁あって、霞ヶ関で上席専門官という行政職に就いていますが、日本の医療体制を俯瞰したいという思いがあったからこそ、この業務を引き受けたのだと思います。

"病気には無縁である"との盲信から感染症に

私は元来循環器内科医(1994年卒業)で、2008年に初めての赴任先として中央アフリカにあるカメルーン共和国に赴き、3年間の勤務の後、いったんロンドン大学衛生学・熱帯医学大学院(LSHTM)で熱帯医学を学び、再び、東アフリカにあるスーダン共和国で3年間過ごしました(図)。大使館業務といえば、華やかな外交業務を連想するかもしれませんが、医務官による医療業務については、外交官が行う交渉というよりも、現地事情(医療や生活面における)を知ることから始まる極めて地道な仕事です。医務官の業務である、"職員やその家族の健康管理"、"在留邦人からの健康相談"、さらに"現地医療事情調査"、"保健分野での政府開発援助(ODA)へのアドバイス"などは、現地での生活様式、衛生事情、疾病流行状況や病院事情などを知った上で初めて行うことができるものです。赴任者や邦人訪問者に対し、そのような情報や自身の経験を交えながら、疾病にかからないような生活方法を指導してきました。

昨今、アフリカ各国の首都では近代化や国際化が進み、ネット環境は改善し、若者たちがスマートフォンを持つことも普通になり、先進国で見られるスーパーマーケットがあり、どこに行っても、外見上は先進国と変わらない風景を見ることが多くなりつつあります。その一方で、生活面での伝統、宗教行事、政府系機関の古いしきたり(アナログ的、封建的など)は依然として根強く残っており、現地に住んで初めて気付くアフリカ地域勤務独特の苦労があります。現地医療情報は思いのほか、苦労しながら収集したものです。その集大成が外務省の公式サイト "世界の医療事情※1"上に無償公開されており、これらの情報は世界に誇るべきもので、ぜひともご活用いただきたいものです。なお、同サイトには医療情報のみではなく、現地気象情報も掲載されており、現地での服装選択や疾病予防対策の参考になるかと思います。

赴任していたカメルーンやスーダンには日系企業が入っておらず、大使館職員・家族を含む現地在留邦人総数はそれぞれの国でわずか100人前後と、現地日本人社会としては小さなものです。その中には国際協力機構(JICA)関係者、国連職員、研究者(文化人類学など)、修道女、NGO職員、現地の人と結婚された方などがおり、それぞれの分野で活躍されています。アフリカ地域には元来健康者が赴任し、自身は病気には無縁であると盲信しており、さらに、風土病に対する免疫を持っている現地の方はとても元気そうに生活しているため、新規赴任者は現地の方と同じような生活をしてしまいがちです。その結果、発熱、下痢などの感染症状で慌てて医務室に来られることが多いです。熱帯感染症の病原菌や病原虫に対して免疫がないことが感染成立の原因の1つですが、その他に、現地の方と同様な生活スタイルにはさまざまな落とし穴があります。熱帯疾患の多くは、それぞれの病原菌や病原虫の生活サイクルの中にヒトが入り込むことによって感染が成立するもので、現地の方々はそれをよく知った上で病原菌などとの接触を巧妙に避けていますが、それを知らない新参者は、危険な場所へもずかずかと入り込んでしまい感染してしまうわけです。

最も注意すべきは熱帯熱マラリア

アフリカにおいて最も注意すべき感染性疾患は、首都であっても熱帯熱マラリアであり、カメルーンでは当時多くの日本人マラリア罹患者(写真1)が発生していました。その他、邦人が都市部で感染する疾患として感染性胃腸炎(アメーバ赤痢、ジアルジア症を含む)、季節性インフルエンザ、腸チフス、デング熱、麻疹、風疹、水痘、急性A型肝炎などがあります。ワクチンで予防できる疾患は、可能な限り予防策を赴任前に考慮すべきであり、特にルーチンワクチンの追加接種(麻疹、風疹、水痘、破傷風など)は忘れがちですのでご注意ください。またカメルーンの村落で活動する場合は、砂ノミ症、ハエ蛆症、マダニ咬症(写真2)にかかることが多く、さらに、まれではありますがロア糸状虫症やバンクロフト糸状虫症にかかった人もいました。

熱帯雨林気候であるカメルーンに対し、スーダンは砂漠気候であり、邦人が熱帯感染症に罹患する頻度はカメルーンに比べて低い一方で、乾燥や砂嵐(写真3)による眼疾患、皮膚疾患、気管支喘息が多く見られました。眼疾患の中には、かつて日本でも流行したトラコーマが依然として蔓延しており、皮膚疾患ではリーシュマニア症にかかる邦人もいます。日本では"アフリカ"とひとくくりにされる傾向にありますが、罹患する可能性のある感染症は、アフリカ大陸内地域によって全く異なり、加えて同じ国内でも都市と郊外で異なり、さらに同じ都市内でも外国人居住区と現地人居住区で全く異なったものになります。

このようにアフリカ地域は混沌とした状況にあり、さらに感染性疾患の一部は本邦の医師にとってなじみの薄いものであり、そのため、アフリカ地域に赴任や渡航を考えている方から相談があった場合は、ネット上で渡航先の情報の収集(現地医療情報は外務省公式サイト※1、治安・感染症流行情報は外務省や厚生労働省公式サイト※2)を勧めると同時に、トラベルクリニック受診※3を勧めていただきたいと思います。トラベルクリニックでは、トラベルワクチンの接種はもとより、麻疹や破傷風などのルーチンワクチンの接種歴の確認※4や追加接種について、また、黄熱ワクチン接種の必要性※5やマラリア予防薬内服の必要性※6、その他、現地で生活する上での注意点、点眼薬・皮膚乾燥対策・防蚊対策などについて専門家に相談いただきたいと思います。

現地で生活してこそ学べる医療事情

私自身、以前から熱帯医学に興味があり、循環器内科医として勤務を続けるよりも熱帯医学への好奇心が勝ってこの道に入り、医務官として勤務する中で、熱帯医学に関する、さらには医師として貴重な経験をさせていただいております。これからの世の中はグローバル社会といわれ、開発途上国に赴任する日本人もますます増えると考えられていますが、それらの人たちを支えるために、途上国の現場を知っている医師が必要になると思います。途上国、特にアフリカの総合医療事情について学ぶには、書籍で学ぶより現地で生活することが断然重要です。全世界で医務官ポストは100を超え、そのうち約3分の1がアフリカ地域にあり、医務官として勤務を続けていく中でアフリカ地域勤務を避けて通ることはできません。

視点を変えると、医務官という仕事はアフリカの現場を肌で感じることができる貴重な仕事のうちの1つといえます。専門医として、単一の専門分野や先端医療を誰よりも早く習得し、追究するのもいいですが、アフリカにおいて、熱帯医学を含む医療全般ならびにその周辺領域をじっくり考えるというキャリアこそ、今後必要とされる医師の生き方として必要なのかもしれません。

注意:本原稿の内容は、所属する組織から資料提供を受けていますが、基本的には個人の見解です

※1現地医療情報:外務省公式サイト 世界の医療事情
※2現地治安・感染症流行情報:外務省 海外安全ホームページ 、厚生労働省検疫所 新着情報
※3予防接種実施機関検索:厚生労働省検疫所 予防接種実施機関、日本渡航医学会 トラベルクリニックリスト
※4小児定期予防接種スケジュール:NPO法人 VPDを知って、子どもを守ろうの会
※5黄熱危険地域検索:厚生労働省検疫所 黄熱について
※6マラリア流行地域検索(Malaria maps):Fitfortravel、米疾病対策センター(CDC)Malaria maps、CDC Malaria Information and Prophylaxis, by Country

寺井 和生(てらい かずお)氏 プロフィール

1970年大阪府吹田市出身。1994年熊本大学医学部卒業。大学卒業後、大阪大学第3内科に入局し、大阪大学付属病院、愛染橋病院内科、桜橋渡辺病院循環器内科、大阪府立成人病センター循環器内科にて勤務。循環器専門医。2006年大阪大学大学院医学系研究科 分子病態内科学修了(医学博士)。2008年長崎大学大学院 修士課程 熱帯医学専攻修了(MTM)。2013年ロンドン大学衛生学・熱帯医学大学院(LSHTM)修士課程 熱帯医学専攻修了(MSc)。2008年外務省に入省し、カメルーン、英国、スーダンの日本国大使館に医務官として勤務。2015年7月厚生労働省に出向し、東京空港検疫所支所にて検疫官として勤務。2016年4月より外務省福利厚生室上席専門官。2018年3月外務省退職、4月より新宿ヒロクリニック医師。

※MedicalTribune Web連載/2017年11月30日「外交官ドクター、世界の医務室から」の記事より転載。

MedicalTribune/1968年にわが国で唯一の週刊医学新聞として創刊されました。各種医学会取材による最新医学情報をはじめ、専門家へのインタビュー記事、解説記事など、研究や日常診療に役立つ情報を提供しているジャーナル。Web会員医師10万7千名。