Medical Challenger
  1. ホーム
  2. メディカルチャレンジャー
  3. 名古屋市立大学大学院医学研究科 先進急性期医療学教授(診療担当) 名古屋市立大学病院救急科部長 松嶋 麻子

名古屋市立大学大学院医学研究科 先進急性期医療学教授(診療担当) 名古屋市立大学病院救急科部長 松嶋 麻子

自分の夢は自分で描こう

テレビドラマなどでも華々しく描かれる救命救急の現場。患者の命を救う最後の砦としての活躍ぶりに魅了されるものの、過重労働のイメージから、実際に志すとなると敬遠されがちかもしれません。母校である名古屋市立大学を卒業後、大阪に移って救命救急の現場で長らく勤務した後、名古屋の地で新しい救急の姿を追求するために、そして後進の育成のために母校に戻って2年が経過した松嶋麻子氏に、救急の現場で思うことと、医学生や若手医師に向けたメッセージをいただきました。

名古屋に合う救急医療の姿をつくる

高齢化や社会安全の向上に伴い、事故や災害による重症患者(三次救急患者)の数は減っています。むしろ、小児や高齢者の内因性疾患患者が増え、救急搬送の過半数は軽症患者となりました。患者が訪れたら昼夜を問わず全て直ちに治療できる体制が望ましいですが、今の状態で救急搬送が増加し続けると、医療従事者および救急隊の不足が避けられません。救急医療は限られた医療資源を社会でどう配分するべきか、という問いに直面しています。

このような状況において、重症から軽症まで救急患者を診る体制は地域によって大きく異なります。大阪の三次救急を担う救命救急センターでは救急医が24時間体制で救急診療を担っています。一方、名古屋や地方都市では救急医が足りず、夜間・休日の救急診療は各診療科と研修医が担っています。名古屋では救命救急センターであっても重症から軽症まで全ての患者を救急医またはその日の救急担当医がまず診察を行い、診断した後は、各診療科へ引き継いで治療を行います。三次救急患者が少なくなり、内因性疾患が多くなった近年、各診療科の協力を得ながら多くの救急患者に対応できる名古屋の体制は、1つの理想の形になると思います。

こうした中での救急医の役割、強みは何ですか、とよく聞かれますが、救急医には、あらゆる救急搬送患者を対象に、診断と治療ができることが求められます。多発外傷や重症熱傷、敗血症のように多臓器にまたがり、臓器別の診療科では対応が難しい病態について、全身状態を診て治療の優先順位を立てられるところが救急医の最大の強みです。どのタイミングで各診療科が治療に当たるのかをコンダクトする者がいれば重症患者の救命率が向上する、そこが救命救急を担う救急医の存在意義だと思います。

救急に限らず、各診療科が互いに連携し、病院全体で効率よく診療する仕組みは、病院の勤務医全体のワークライフバランスや働き方の問題解決につながると思います。状況に応じてフレキシブルに、そして互いの多様性や専門性を認め尊重し合いながら、ゆとりをもって患者の診療に専念できる在り方を模索したいものです。

救急医療の現場を学生にも知ってもらう

業務が多忙で人が足りない、ワークライフバランスが保てない、そのため敬遠されてますます人材不足に陥るという状況は、医療現場に限らず多くの職場が抱える課題です。医療現場では、書類業務など診療に直結しない部分でも医師に権限が集約されがちであるため、医師の多忙が問題となっています。患者と向き合う時間が少なくなり、よい医療からほど遠くなる、そんな本末転倒を招く膨大な業務をいかに効率よく処理するか、減らすかを考えなければなりません。

業務の軽減、効率化と同時に、救急医療現場の魅力を伝えることも大事な役割だと思っています。その一環として、昨年から1つの試みを開始しました。救命救急センターで“ドクターエイド”と称する大学生のパート職員を雇用することにしたのです。医師しかできないことと看護師しかできないことの間にある、誰にでもできる膨大な仕事を、一定のルールに基づいて担ってもらっています。

学部学年を問わず公募したところ、医学部や看護学部の低学年生とともに、人文社会学部や芸術工学部、他大学の学生も集まりました。彼らは、“医療職ではない学生の自分はここで何ができるのだろう?ボランティアでもなく見学でもない、給料をもらうからには仕事をしなければ”と本当に熱心に業務に取り組んでいます。その姿勢を見て、救急医や研修医だけでなく、各診療科の先生も喜んで学生にいろいろ教えています。熱心に耳を傾けてくれる学生の姿は、救急医療の現場で働く医師や看護師のモチベーションの向上にもつながっています。

医学部生たちはまだ医療現場を知らないため、解剖学や生理学、生化学といった基礎医学を学ぶときは、その意義や重要性が分からないまま、漫然と講義を受けがちです。でも、ドクターエイドとして医療現場を目の当たりにすることによって学びと実践がリンクするので、その大切さを感じ取ることができます。

文系の学生たちがこれからどのような道を目指すのかは分かりませんが、医療の知識がなく先入観を持たない学生時代に、救急医療の現場を目の当たりにして得られたものを、将来に生かしてもらえたらすばらしいでしょう。

学生が自らこのように学べる場を提供することも、大学の本分だと思っています。

やりたいことは自分で決める時代

これまでは医局に所属していれば、医局の指示で与えられるままに進路を進むだけでも一人前の医師になれましたが、今は自分の将来は自分で決める時代です。医師免許を取得した後どうするのか、学生のうちに考えておかないと、自分を見失ってしまいます。「あなたは何がやりたいの?医師免許を取得してどのように社会に役立てるの?」と医学部生にはよく尋ねています。医学部を志した時の気持ちをもう一度振り返り、自分の性格も考慮しながら、自分の夢を自分で描いてほしい。何をしたらよいのか分からない人には、まず救急科を勧めますが(笑)。

これからの医療をつくるのは皆さんの力です。学生や若手のうちにあらゆることを吸収して、自分の未来を見つけられるようにがんばってください。

松嶋麻子氏 プロフィール

名古屋市立大学医学部卒。救命救急医を志し、大阪大学特殊救急部(現・高度救命救急センター)に入局して以来、救急医学の研究と臨床に携わる。大阪府立急性期・総合医療センター救急診療科副部長を経て、2015年9月に名古屋市立大学大学院医学研究科に誕生した新講座である先進急性期医療学分野教授(診療担当)、名古屋市立大学病院の救急科部長として赴任。救急医の育成と質の高い救急医療を担っている。

日本救急医学会専門医・指導医・評議員/日本熱傷学会専門医/日本外科学会認定医
Infection Control Doctor/ICLSディレクター

編集・制作:MedicalTribune
1968年にわが国で唯一の週刊医学新聞として創刊されました。各種医学会取材による最新医学情報をはじめ、専門家へのインタビュー記事、解説記事など、研究や日常診療に役立つ情報を提供しているジャーナル。Web会員医師10万7千名。